名刺はビジネスをはじめ、様々なシーンで利用できる自己紹介アイテムです。

効果的な自己紹介が出来るように、思い通りの名刺を作成しておくことが必要です。そのために役立つのが文具店です。

名刺作成や名刺にまつわるグッズなどについて、文具店を活用して揃えていきましょう。自信が持てる自己紹介につながっていくはずです。

現物で名刺作成ができる!作成のパターンやメリットを紹介!

本格的な名刺の作成依頼ができることも

文具店では、名刺の印刷なども請け負っているところがあります。そういったところを利用することによって、簡単に本格的な名刺を作ることが出来るでしょう。基本的には発注後、専門の印刷所に発注する形になるので、出来上がりまでしばらくかかることになります。

しかし、大きな文具店や印刷を主に行っているところなどではすぐに仕上がることもあるため、急いで必要な時などに便利です。すぐに対応してもらえる文具店を探しておくと良いでしょう。必要になった時に補充ができるという事で、忙しいビジネスマンには役立ちます。

営業やイベントなどで多くの名刺が必要という場合、切らしてしまいがちになるのでこうした素早い対応をしてくれる文具店を知っておくことは有効です。仕上がりまでの時間がどれぐらいかかるのかなどについても調べておきましょう。

急ぎの場合には、今ならパソコンとプリンターを使って自分で名刺をプリントするという方法もありますが、ビジネスで使う場合などは綺麗に印刷されていて見やすいかどうか、失礼に当たらないかどうかということが重要になります。

そのため、きちんとした仕上がりになるプロの印刷の方が最適でしょう。急いでいるからこそ、安心して依頼できる文具店を利用しましょう。

プライベート用は自分で作るという方法も

最近はプライベートで名刺を使うという方も増えているようです。自宅のプリンターなどでも印刷はできるので、連絡先などを記した名刺を作って配ることで人間関係を広げていくということも出来ます。趣味の集まりなどで初めて出会う人に自己紹介をするときに利用しやすいアイテムにもなってくれるでしょう。

メールアドレスなどは口頭では伝えにくいことも多くありますから、そういった情報を掲載できるのが名刺の魅力です。その都度自分で作ることが出来れば、その時の最新の情報を随時反映して作り直していくことも出来ます。

使う枚数が少ないプライベートの名刺ならではの方法とも言えるでしょう。自分で名刺作成をする場合、個性を反映しやすいのもポイントです。色の選び方、文字の配置の仕方など組織に属しているわけではないからこそ、自分の好きなようにすることが出来ます。

もちろん、趣味などで使うだけではなく、仕事で個性を重視したいという方にもピッタリです。人とはちょっと違うデザインでアピールしたいというなら、ぜひ細かい部分までこだわって自分だけの名刺を作り上げていきましょう。

特にこだわりたい紙

名刺は基本的に紙でできているものです。そのベースとなる紙の選び方で、名刺全体のイメージも左右されていくことになります。色や厚み、もともと柄が入っているものなど見た目も大きく影響されます。だからこそ、自分で名刺作成をする場合の紙の選び方については重点的に考えておきたいものです。

文具店の中には多くの種類の紙を扱っているところがあります。そういったところを見てみて、どれを使うか選ぶようにすると思い通りの名刺作成へとつなげやすくなるでしょう。ビジネス用のものはシンプルな白い紙が多いですが、プライベートの物であれば華やかな色を取り入れてみるのも素敵です。

和紙などは温かみや高級感をプラスしてくれます。地に模様が入っているものなどはシンプルに見えながらもこだわりを感じさせてくれます。カタログで見るだけではなく、実際に見てみると印象も変わってくることがあるので、ぜひ紙の扱いが多い文具店に足を運んでみましょう。

パソコンとプリンターで自作するという場合には専用の用紙がありますから、そういった物を使うと手軽に綺麗に仕上がります。

名刺作成に一工夫を

仕事で使うものであればあまり手を掛けることは難しいですが、プライベートのものであれば目を引くようなデザインに仕上げていくのも素敵です。受け取った人が楽しんでくれるようなデザインを目指してみましょう。その時に簡単にひと手間かけることが出来るアイテムが文具店にはたくさんあります。

自分で複雑なデザインなどが出来なくても、文具店で販売されているアイテムを使えば簡単に楽しい名刺が出来上がりますので、ぜひ取り入れてみましょう。まず、挙げられるのがシールです。貼るだけで素敵なデザインを名刺にプラスすることが出来るので、ちょっとさみしいと感じた時に後から貼ることも出来ます。

小さな柄であればいくつか組み合わせて貼ることも可能です。また、穴あけパンチなども変化を付けるときに使えます。一般的な丸い穴だけではなく穴自体が柄になっているものもあるので、うまく使えば効果的なデザインに仕上がります。

凹凸をつけて柄を入れられる道具もあり、そういった物は文字とかぶっても柄を入れられるので、狭い名刺のスペースで使いやすいアイテムと言えるでしょう。

名刺を作るだけではなく使うときのアイテムも

名刺作成をしたら実際に使うということになりますが、その際に必要となるアイテムも文具店で揃えることが出来ます。ぜひ作成と同時に使う上で必要なアイテムについても探し、揃えるようにしましょう。まず、必要になるのが名刺入れです。

名刺を持ち歩くのに、そのまま持ち歩いていると折れたり曲がったりということになりがちです。それを防ぐために、専用の名刺入れを準備する必要があります。ビジネスで使う場合は出し入れしやすく素材やデザインに高級感がある物を、プライベートで使うなら自分の趣味に合わせたものを選びましょう。

名刺をやり取りしたあとに保管しておくためのグッズも必要です。受け取った名刺を綺麗に整理していくことも大切ですから、名刺を整理するボックスやファイルを準備しておきましょう。見やすい形で整理できれば、後から見たい情報をすぐに取り出すことが出来て役立ちます。

特に仕事で使う場合は枚数が多くなりがちなので、分類して収納できるものが便利です。状況に合わせて使いやすいものを文具店で探していきましょう。