名刺は人とのつながりのきっかけになるアイテムです。

自分がどんな人物で、どのようなことをしているのか自己紹介を行うことができるコミュニケーションツールの一つです。

ビジネスシーンにおける名刺交換も人間関係を築くための役割を持っています。名刺の効果を十分に発揮するためには印象に残るデザインで作成することが重要です。ここでは、八尾市でおすすめの名刺作成業者をご紹介します。

現物で名刺作成ができる!作成のパターンやメリットを紹介!


名刺の役割とは?

名刺は様々な役割を持っています。一番の役割は情報の伝達です。名刺には氏名や住所、地図などあらゆる情報を載せることが可能です。顔写真をプリントすれば名前だけでなく、顔も覚えてもらうことができます。ビジネスにおいて、人間関係を構築するためには名刺交換と名刺の管理が重要になります。

名刺を頼りに連絡をすることも多いため、必要な情報を正確に記載する必要があるでしょう。その他の名刺の役割としては、自分の氏名や住所などの情報や身分を明かすことで信頼を得ることができるという点です。名刺を渡すことで、しっかりとした自己紹介を行うことができます。

口頭で自己紹介をしても記憶に残らない場合が多いのですが、名刺があることで目から文字としても情報が入ってくるため記憶に残りやすくなります。店舗の名刺でもあるショップカードの役割も、来店者やホームページなどへのアクセスを増やすために必要です。

ショップカードは友人などに渡すことで情報を共有することができるので、販促ツールとしても優秀でショップ側のメリットが多くあります。

知っておきたい名刺交換のマナー

ショップカードであれば、渡す際のマナーなどは基本的に存在しません。ただし、名刺の場合にはしっかりとしたビジネスマナーが存在します。名刺交換のマナーは守って当然ですから、失礼のないように行えるようにしましょう。

また、名刺も不備がないようにきちんと作成することが重要です。名刺交換の場ではスムーズな動作を心がけることが大切です。モタモタしているとあまり印象が良くありませんから気を付けたいものです。動作としては名刺入れを出し、名刺入れの上に自分の名刺を乗せ両手で差し出します。

その際に、自分の会社名や役職、氏名などを口頭でも伝えます。この時に役職名などを略してはいけません。たとえ長くて面倒でも正式な名称で伝えましょう。相手が名刺を差し出している場合には、自分の名刺の位置は相手より低くします。

右手で自分の名刺を差し出し、相手の名刺は左手で受け取ります。相手が自分の名刺を受け取ったら、すぐに右手を相手の名刺に添え、名刺入れを名刺の下に持ち両手で受け取るようにします。相手の名刺を両手で受け取ったら「頂戴いたします。

よろしくお願いいたします」と丁寧に述べます。また、相手の会社に訪問した場合には必ず自分から名刺を出して名乗るようにしましょう。ただし、名刺を渡す順番は一番偉い人からというルールがある点には注意が必要です。

名刺に載せるべき情報とは?

名刺に載せる情報は自由ですが、最低限の情報は記載しないと名刺の役割が果たせません。名刺に必ず記載する情報は氏名・会社名や事務所名・所属部署・役職名や職業・住所・電話番号・メールアドレス・ホームページやSNSのアドレスです。

その他にも、用途に合わせて会社の周辺地図や会社のコンセプトなどを記載することもおすすめです。文字ばかりの名刺は味気がないため、会社のロゴなどを入れると名刺の印象を良くすることができます。ショップカードの場合には営業時間や定休日、サービスの内容などを記載しましょう。


参考にしたい!印象に残る名刺のコツ

印象に残る名刺にするためにはデザインが重要です。ただし、あまり奇抜なデザインや色は場にそぐわないケースもあるので注意が必要です。名刺を作る際のコツは、フォントの大きさに変化をつけてメリハリをつけることです。

氏名の部分を一番大きくするとバランスが良くなります。

肩書きは氏名よりもサイズを小さくすると見やすくなります。フォントの種類も見やすさを重視して選択しましょう。文字のレイアウトは基本的なレイアウトから大きく外れない方がスッキリと見やすく、情報が混乱しにくいです。

名刺に使用する用紙にも様々なものがありますので、手触りや見た目のテクスチャーなどで選びましょう。また、やわらかい印象にする場合には角を丸くする角丸加工が効果的です。色の使用をおさえたい場合には、ロゴをエンボス加工であしらうと色を使用せずに高級感も演出することができます。

八尾市でおすすめの名刺作成業者

八尾市で名刺を作成する場合、どのような業者があるのでしょうか。名刺デザイン・印刷「スタジオアルテ」は名刺サンプルを豊富に揃えているので、サンプルを選ぶだけで簡単に名刺を注文することができます。サンプルにはビジネスシーンに最適なシンプルなものから、ショップカードなどに使用できる花やハートのロゴをあしらったものなど様々です。

水彩画で描かれた花の名刺も新しくデザインに追加されました。サンプルデザインではなく、自分でデザインにこだわりたい場合には完全オーダーにも対応が可能です。印刷カラーもスミ1色(黒のみ)とカラー印刷が選べるので、企業のイメージカラーを入れたりロゴが目立つように色を変えたりすることができます。

片面印刷と両面印刷にも対応しているので、裏面に地図などを大きく載せたい時に便利です。スタジオアルテでは印刷用紙にもこだわり、高級紙の「マシュマロcoc」という紙を使用しています。この用紙はキメが細やかで手触りもよく、印刷の仕上がりが美しいという特徴を持っています。

白色度が高く、厚みも約0.24mmと扱いやすい用紙です。マシュマロcocを大量に仕入れることでリーズナブルな価格での提供が可能です。

他の用紙を使用することもできますが、用紙のコストをおさえたい場合にはぴったりです。名刺に入れるロゴの作成を依頼することもできます。

スタジオアルテでは企業やショップなどのイメージやコンセプトに合わせてロゴ作成を行っているので、デザインを考えるのが苦手な場合に便利です。名刺の注文から納品まではメールでやり取りを行うので、打ち合わせなどに時間を割く必要がありません。

主に注文内容やデザインの確認のためのやり取りになります。スタジオアルテは納品も早く、印刷量などにもよりますが基本的にデザインが確定後、入金が確認できてから3日後には発送されます。納品スケジュールを急ぐ場合には相談すれば対応可能な場合もあり、時間がない時にも重宝します。