ビジネスマンに必要不可欠なアイテムが名刺です。特に営業系の仕事を行っている人は多くの人と接するため、名刺交換のシーンは増えます。名刺交換を頻繁に行っていると、大量に印刷していた名刺の残りが少なくなるのも早いでしょう。

しかし、毎度自分で印刷するのは手間がかかります。そこでおすすめなのが、現物で名刺作成を行ってくれるサービスです。

このサービスを利用すれば、手軽に大量の名刺を手に入れられます。

現物で名刺を作成するサービスの利用方法を知ろう

現物を使って名刺を作成してもらえるサービスの利用方法は数パターンあります。簡単な方法として挙げられるのが、現物の郵送です。名刺や複写伝票を封筒に入れて、名刺作成を行ってくれる会社に送るだけでサービスが利用できます。

パソコンに自分が作成した名刺のデータが残っていない場合に、現物の郵送はおすすめです。名刺が残り1枚しかない場合は、現物を郵送したくないでしょう。そんな状況に適しているのが、FAXを使ったサービスの利用です。

残り1枚の名刺をFAXで送るだけで、現物と同じデザインの名刺を作成してもらえます。このFAXでの名刺作成では、サイズを拡大して送るのが重要になります。現物のままで送ってしまうと、名刺作成を担当する人が現物を再現しにくいというデメリットが考えられます。

メールを送ることでもこのサービスは利用できます。現物を撮影して、その写真をメールに添付して送信するだけで名刺作成を行ってもらえます。メールに名刺の写真を添付して送る場合は、写真の写り具合を確認しておきましょう。

ピンボケしている写真や背景が暗い写真は名刺の情報を読み取りにくいので、現物を再現しにくくなってしまいます。斜めからの撮影も名刺の情報が見えにくいので、避けておく方が賢明です。写真の撮影が苦手な人はスキャナーを使って、名刺をスキャンするのが良いでしょう。

スキャナーを使えば、名刺の画像を綺麗な状態で送ることができます。

現物での名刺作成サービスを利用するメリット

会社経営を行っている場合は、名刺を作成してくれる会社と契約を結んでいるケースが多いでしょう。

そのため、名刺の大量生産もその契約している会社が請け負ってくれます。しかし、その契約している会社が倒産してしまうケースも考えられます。

契約している会社が倒産した場合、今後の名刺作成は依頼できないため、別の会社を探さなければなりません。別の会社を見つけられるまでの期間で名刺の作成が必要になった場合に、現物での名刺作成サービスの利用は効果的です。

現物を使った名刺作成サービスは大量生産にも対応しているため、企業単位で名刺が必要になった場合に役立ちます。現物の名刺があれば同じデザインの名刺を複製してもらえるため、名刺のデータを紛失してしまった場合にもおすすめのサービスだと言えます。

名刺の作成は時間の消費が大きいです。特に何パターンもの名刺を持っている人や大量生産が必要な人は名刺を印刷するだけでも時間がかかります。この時間を無駄にしたくないという人にも、現物を使った名刺作成は有効な手段だと言えます。

例えば、3パターンもの名刺を持っている人でも、デザインの違う3つの名刺を1枚ずつ送るだけで名刺を作成してもらえます。

完全に複製するのは難しい

現物での名刺作成は応急処置のようなものだと考えておくのが良いでしょう。このサービスでは現物に沿って似たような名刺を作成することは可能です。

しかし、文字のフォントやカラー、模様といったものを完全にコピーすることは難しいです。フォントやカラー、模様といった部分まで完璧に仕上げてもらいたいのであれば、名刺を作成する会社と直接契約を結ぶのが良いと言えます。

どうしても全く同じものを作ってもらいたいのであれば、名刺と一緒にフォントやカラーの情報を書いた書類を郵送するのが効果的です。名刺作成を行ってくれる業者が指定したフォントやカラーを持っていれば、完全再現してもらえる可能性は高くなります。

名刺作成を依頼したいなら見積もりを出してもらおう

名刺の現物を送るときには修正点がないかチェックしよう

名刺の現物を使って複製してもらう場合に、重要なのが電話番号や住所といった情報に間違いがないかという点です。例えば、移転や異動によって自分の所在地が変わってから名刺の情報を更新していない場合は、現物を送る前に修正しておくのが良いでしょう。

現物で名刺作成を行ってくれる業者によっても内容は異なりますが、基本的には文字の修正に別途料金が発生するケースが多くなっています。大量生産してもらってから情報の誤りに気付いて、再度生産してもらうとなると金銭的なダメージが大きくなります。

そのような事態を回避するためにも、事前のチェックは重要だと言えます。レイアウトに関してもチェックが必要でしょう。自分の満足がいくレイアウトではない場合、レイアウトの変更を伝えることになりますが、その場合にも別途料金が発生する可能性が高いです。

レイアウトの変更にかかる料金はその変更の内容によって異なるため、高額な料金が発生する可能性も考えられます。無駄な出費を控えるためにもレイアウトの事前チェックは行っておくのがおすすめです。

紙の指定も重要なポイント

名刺の印象を変えやすいポイントが紙です。どんな紙を使うかによって、名刺の印象が大きく変わります。そのため、現物での名刺作成で紙の指定が行えるのであれば、どんな紙を希望するかを伝えておくのが重要になります。

具体的なポイントとしては、紙の厚さを指定するのがおすすめです。

紙の厚さによって、人に与える印象は異なります。例えば、薄い紙であればスタイリッシュな印象が強くなります。反対に厚い紙であれば、信頼感を与えやすいでしょう。紙の色を指定するのも良いと言えます。紙の色によっても名刺を受け取った人の印象が変わるからです。

真っ白な紙を選ぶ場合は清潔感のある印象が強くなります。また、ロゴや名前が読み取りやすいというメリットも得られます。白い紙を利用する人が多いですが、中にはクリーム色の名刺を利用している人もいます。クリーム色の名刺は温かみのある印象が強くなるのが特徴です。

このようにどんな印象を持ってもらいたいかによって、利用する紙の色を決めるのが良いでしょう。また、名刺の場合は紙の質でも印象が変わります。名刺に使われる機会が多いのは上質紙や光沢紙、マット紙です。上質紙を選べば、素朴な雰囲気の名刺になります。

光沢紙はロゴや色合いがくっきりとするのが特徴です。マット紙は上品で落ち着いた印象が強くなるでしょう。このように、紙の質が変わるだけで全く違った印象になるため、名刺の仕上がりにこだわりたい人は紙の質の指定も行うのが良いと言えます。

文具店を利用して名刺作成を